1. Top » 
  2. 模型

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

頂いた画像ご紹介_ドルアーガの塔

WFの会場でうちのキットを買っていただいた方に
「作りましたから今度画像送りますよ」
っておっしゃっていただいた画像を受けとりました。

いただいた画像_ドルアーガの塔ギル

これは一番最初に出した、ドルアーガのポスターのカットからのギル。
ポスターの絵では箱は開いた状態なんだけど注型に自信がなかったため
開ける前として制作してたりします。
こんなに綺麗に作っていただいてほんと感謝!

いただいた画像_ドルアーガの塔ハイパーナイト

こっちはハイパーナイト。しかも2体。59階やる気まんまんですねw
うちのキットなんて基本手流し注型なんで処理はけっこう大変なはず。
それをここまできちんと仕上げてもらえるのはうれしいかぎりです。

で、画像送ってもらったとき、
「あれ?初めてメール頂いたのになんかみたことある、、、」
って思ったら以前、検索で発見してたblogの方だったりしました。
WFレポートとかでうちの載ってないかなーとかたまに検索して探してるんですよw

himさんのblog「ことのは

身内でのblogってお聞きしましたがここでご紹介。
グーグル先生の力は半端ないしw
はむすた工房さんのストIIベガとかいい感じ!
しかも三号突撃砲とか自分と趣味かぶってます!
突撃砲はいいですよね、、、
前、横山先生も「突撃砲かっこいいよね」とおっしゃられていました。
イフェメリスさんも作ってたし、この辺は共通だなぁ。

himさんは現在ゴーストを作っておられるようで、なんと3体、、、
自分も見本で3体やりたかったのですが間に合いそうもなく断念しました。
ゴーストはメイジ、ドルイド、ウィザードと3種いるんですよね。
ただカラーが設定ミスによってマジシャン系と一致しないというがあるけどw

自分が作った見本はボードゲームのカードの色の焦げ茶。
これはオリジナルゲーム中には登場しないものです。
ボードゲームでは「ゴースト」として1種しか登場しないんですよね。
何色にしようか迷ったんですが1つのみの制作だったんでそちらをチョイスしました。
AC版で全部並べてみたいので自分もまた制作したいとこです!


スポンサーサイト

ハセガワMa.k.フィギュアセットA発売!

ハセガワのMa.k.キット第二弾。フィギュアセットAが発売!

ハセガワMa.k.フィギュア01

パッケージのフォーマットはもちろん先のファルケと同じ。
マシーネンのキットだー!って感じがするよね。
裏は横山先生の作例の写真。ファルケにフィギュアをセットしたもの。
広告のショットでおなじみだと思う。

ハセガワMa.k.フィギュア02

ファルケに付属していたフィギュアはサイズで少し問題があったけど
このセットはばっちり1/20。
成型色が違うのは組んでいるのはテストショットのため。ご容赦願いたい。

1/20のリアルフィギュアのプラキットなんてタミヤのピットクルー以来か???
(日東SF3Dフィギュアセットは除外。既存詰め合わせだし、、、)
このサイズのフィギュアのプラモ化はけっこう難しい。
1/35のようにはいかないぞ。
プラスチック成型は逆テーパーがつけれない、厚みがあるとヒケがでてしまうなどの
問題を抱えているからだ。
正直、多少の組みづらさを感じるし、クォリティはレジン製フィギュアには及ばない。
だけど手に入り易さ、4体セット+αでこの価格など軍配が上がる面は多い。
フィギュアなんて改造したりして自分の作るシュチュエーションに合わせたいものだし
高額なレジンキットではもったいなくて手が出せなかったりもするので
プラキット化はとてもうれしいぞ。

ハセガワMa.k.フィギュア03

製品はフィギュアランナー2枚、工具類をまとめたランナーが1枚の計3枚。
フィギュアは肌色の成型色となっている。
工具は担当さんに聞いたとこ、実物からのスキャンでデータ化して製品となっている。
このへんはさすがハセガワといったとこ。めっちゃシャープだ!見てて楽しい。

ハセガワMa.k.フィギュア04

フィギュアセットだがMa.k.ならではのカード、デカールが同梱。
いつもは塗装カードだけど今回は部隊説明カードとなっている。
デカールはその部隊マーク各種になんとファルケの注意書きがセット。
この注意書きはファルケに入っていたものの色違いバージョンとなっている。
他塗装パターンのファルケを作りたかった方にはとてもうれしい内容だ。

部隊マークはなつかしの魔女ほうきと斧たまごがセット!!!
これは古いファンには感激ものではないだろうか?
このデカール目当てだけに購入する方も多そうな気もするぞw

ハセガワMa.k.フィギュア05

とりあえずテストショット分を昔作ったカステンのラプターと並べてみる。
やっぱフィギュアがあるといい。いろんなことが出来そうだ。
フィギュアにちょっと改造を加えてビネットを作ったりしたら楽しそうだ。

シュチュエーション的にはマシーネンクリーガーバンドデシネで
雪原での野営中のものでグラジエーターととものコマから。
そのシーンのジオラマは前に自分と川田英明氏のタッグで制作して
MG誌とマシーネンクリーガーエンサイクロペディアの2巻の方に収録されている。
うちのHPのワークス内にも少し画像があるので未見の方はご覧下さい。
このジオラマはなかなか好評で作ってみたいと思われた方も多いのではないだろうか?
このフィギュアセットAが出たことで、あと1/20グラジエーターが出れば
プラキットで制作可能だ!

ハセガワにはぜひ「1/20 クラジエーター」の発売をお願いしたい。
あのファルケのクオリティでグラジエーターが出て来たら感動もんだ!
ファルケを1/35の予定からファンの声を取り入れ1/20に変更したメーカーさんだし、
みんなで要望を上げればきっと実現可能だぞ!

THE BERSERKER ROBOT 後編

バーサーカーガレージキット完成しました!

バーサーカー_完成01

シルバーが輝くよう少し暗くして撮影。もう少しいい撮影環境が欲しい、、、
目のクリアーパーツは実際に目で見ると光が反射してもっとグリーン。
全長は19cmぐらい。けっこう大きいですよ。
昨日書いたとおりガイアのスターブライトシルバーで全体を塗装。
その後エナメルのグロスブラックでライン部を筆塗り。
それを薄めたものでスミ入れを軽くおこなったのみ。
今回はあえて100%ブラックです。こういう感じもいいですね。
基本、横山先生が塗られたものと同じようになるようにしてます。

バーサーカー_完成02

台座はおそらくウェーブの100円ぐらいで買ったプラ製のもの。
0.5mm真鍮線二カ所にて固定。いちおう台座無しでも自立はしました。
がそのまま飾るにはやっぱりあぶないな。

バーサーカー_正面

クリアーレジンのパーツは正直あまり精度のいいものではありませんでした。
クリアーを吹けば透明度はバッチリですが気泡が少しありますね。
形はレンズ状になっていますので気泡もそれはそれで面白いんですがどうでしょう?
このレンズ状というのをいかせば、、、、

バーサーカー_光るよ!レーザーも出るかも!

ブィーーン!

と光ります、目が。
目が光ったら前見えねぇとか言っちゃ駄目!いっぺんやってみたかったんだ!
光ると画像では青に写っちゃったけど目で見る分は紫色です。
レンズ状の形の中を光が通過しますのでちょっと面白い表現になりますね。

100円ライターでLEDが仕込まれて光るのものがあったのでそれを分解して組み込み。
電池ボックスは首の中。そっからコードがのびてスイッチは身体の下部にあります。
電池交換はできます。

バーサーカー_襲われる女の子

サイズは1/20だそうです。フィギュアと組み合わせると楽しい。
こういったものは女の子が似合うかな?

これ、正直ガレージキット向けではないので(形的にちょっと危ない)
ウェーブさん当たりでプラキットにして欲しいよ!パワードスーツ繋がりで!

THE BERSERKER ROBOT 前編

2007年4月22日、いまからもう2年前ですね。
『SF画家加藤直之 時空間画抄』原画展
という個展がありましてそのゲストに横山宏先生が出られたさい
1989年にコトブキヤから発売された
加藤直之氏デザイン、横山宏氏原型というレアなガレージキット
THE BERSERKER ROBOTを復刻販売するという企画がありました。

バーサーカー_箱絵

復刻の際、横山先生が当時のパッケージに新たに着色された画像です。
詳しくはSUS4SYSTEMのサイトの方の2007/4のエントリーをご覧になられてください。
右上のゴリラ画像の下の文字から飛べます。

このときに当時の物を複製して欲しいと頼まれたのですが
横山先生の原型はすでになく、商品になったものを原型とするしかありませんでした。

バーサーカー_昔の物

これが1989年発売の当時のキットの中身。
すげえ分割w というかオリジナルモデルをぶった切ったままか!
脚とかもすでにひん曲がってます。これはいたしかたなし。
目にあたる部分のパーツはおはじきのようなものが入っています。これはいいなぁ。
こういったものを封入する手段は今のWFガレージキットでも使えますね。

バーサーカー_昔の腕

これが1パーツなんだぜ、、、むちゃしやがって、、、
というかこの注型は現在ではあまりとられない方法で行われています。
海外のガレージでたまにみられるツボ状の型を作る方法。
ものすごく引っ張り強度のあるシリコンを使い原型の表面を多い
固めのものでさらにかこってしまい、2重に作ってあるというもの。
理由はよく知らないんだけど現在ではほぼ使われていません。
というかそんなに精度はあがらないし生産効率もよくない方法でしょうね。

当時のコトブキヤはこの方法を用いて
アーティストモデルをそのまま原型に使用してガレージキットを販売していました。
それはそれで今でもうれしいような気がしますが、作るのは大変だなw
このバーサーカーの場合、もちろん自立しませんし、、、、

で、新たに型をおこすために使用したのはこの商品を再度横山先生が仕上げたもの。
受け取ったのはいいけど、もちろんこのままでは注型できそうにない、、、、

バーサーカー_新分割

というわけで分割していったのがこちら。
元のキャストも今のものとはちがい、かなり固かったので大変だった!
できるだけオリジナルを損なわないように気をつかいました。
注型のためと合わさって軽量化もできるので実に具合がいい。
目のクリアーパーツは丁度いいもの探す時間もなく、あえなくクリアーキャストです。

そんなこんなで個展は終了。バーサーカーのキットは完売御礼!
その後、あまったエラーパーツを修復して組み上げてました。

バーサーカー_組み上げ

これが2007年版キットを組み上げたもの。
ところどころディテールを作り替えたり、脚のパーツはちゃんとしたものが
もうなかったのでプラ材で作ったり。
あと中をさらに削って軽量化してしまい目に電飾をしこんでおきました。
ここまでが2007年にblog記事にしたとこ。
長くなったけどここからの続きの記事ね!w


あれからずっとほったらかしてました。
よく考えたら数がぎりぎりまでしかなかったので加藤直之画伯にサンプル品も出してない!
まあWFではないので提出期日とかはなかったんですが、それはいけないと制作再開。

バーサーカー_サフ吹き

サフを吹いて磨いていきました。シルバーに塗るから綺麗なほうがいい。
上の組み立てでは合わせ目をパテで修復しているけど浮いちゃってたので
剥がして瞬間接着剤で固めました。
デティールが入り組んでるからそんな磨けないけど広い面をそこそこに、、、
といいつつけっこう断念。
まあそういう作りの模型じゃないかな。

バーサーカー_黒吹き

でグロスのブラックをエアブラシ塗装。
これはほんとに黒100%使ってます。シルバーの下塗りはいつも黒でやってます。
使うのはガイアノーツのスターブライトシルバー。
CGIクレオスのメッキシルバーが生産中止になったのが残念。

これをしっかり乾燥させてそのシルバーを塗ってしまい、
黒のラインを入れていけば完成です。明日には完成かな?

緑なあいつ

以前ちょっとアップしてたMG誌の付録で付いて来た
ファインモールド製1/72零戦をちょっと進めてみた。

ファイン零戦01

ここまで出来たらもう零戦にしか見えません。
1/72なんてすっげぇ小さい。胴体は携帯ぐらい。
アンテナ取り付けてまたちょこちょこ塗り進めてみようかな、と思ってます。
付属のデカールを貼ったのですが色が気に入らなかったので
それを下書きに塗装。

フラップの上の歩いちゃいけないよ赤ラインもデカールが
ついてますが、こんなの貼れるとは思えない。
うっかりだまされて貼ろうとしたら一瞬でぐちゃぐちゃになりましたw
これっくらい筆ですっと書けば楽勝。
ぶれたら機体色でリタッチ。
いま思えばコの字のまま貼るんじゃなくて切り離せばよかったのかも、、、

ファイン零戦02

緑の零戦といえば塗装ハゲなんだけど1/72でギンギンの銀で書いてあるのは
さすがに違和感を受けます、、、、
塗装剥げたからってそんな綺麗に銀が見えるとも思えない、、、
少し明るめのグレーぐらいが大きさ的に丁度良く見えないかなぁ。
今ちょっと暗めので軽く書いてみてるんだけど、いろいろ上から書いて
試してみようと思います。

このキット、フィギュア付いてないのが残念。
1/72の日本兵なんて流用も持ってないので買いにいかないといけないじゃない!
ベース付けてパイロットが立ってたらなかなかいい置物になると思います。

あ、翼のエルロンを動かす軸のカバー、速攻でどっか飛んでいったw
もうこういうの別パーツにしなくていいw

Page Top

sus4system


sus4system ホーム


iwai hide プロフィール


作例など作品ギャラリー


イベント参加履歴


リンク


フォームが開きます


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
SUS4 SYSTEM

gori4

Author:gori4
SUS4 SYSTEM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。